top of page

Works 01

書籍『こども六法』

一人の大学生が作った小さな冊子が、全国で出版され、発行部数65万部のベストセラーになりました。
「いじめ問題を法教育の観点から解決したい」という大学生の志を形にすべく、LUCKによる資金調達・広報・企画・デザインなどを全面的にサポートし、出版に至りました。

「こども六法」 とは
こどもの法知識獲得を助け、
​こどもを被害者にも加害者にもさせない。

『こども六法』は、難解な法律をイラストつきで、子どもたちも楽しんで読めるよう、制作したものです。​
累計発行部数65万部を突破し、多数のメディアにも取り上げられ社会現象となりました。
子どものときから、やってはいけないことの線引きをきちんと理解し、もし自分がいじめや犯罪の被害にあってしまったら、適切な対応が取れるようにという願いで制作されました。

企画・資金調達・広報

LUCK 小川凜一

装幀・デザイン・イラスト原画

LUCK 砂田智香

著者

山崎 聡一郎(出版当時 慶應義塾大学4年生)

出版

株式会社 弘文堂

「こども六法」ができるまで
スクリーンショット 2022-09-07 22.51.00.png

大学生の想いと、出版の苦悩

こども六法は、もともと一人の大学生が研究活動の一貫として2014年に作成・自費出版していた小さな冊子でした。
大学生山崎さんは、何度か自分自身で複数の出版社に『こども六法』を持ち込み出版に挑みましたが、どの出版社からも断られて5年の月日が経っていました。

LUCKの支援で出版資金を調達にチャレンジ

出版を諦めていた大学生とLUCKの小川が出会い、小川より出版までの戦略を設計し、大学生の想いを形にするために、「こども六法プロジェクト」が立ち上げ、大学生をサポートしながら広報や制作を進めていきました。

IMG_1591.00_00_02_01.Still007.jpg

音が流れます。

​クラウドファウンディングは既に終了しています。
 

​出演:演劇ギルドわむ!

​企画・演出・編集:小川凜一

プロデュース:砂田智香

撮影:永尾優実

クラウドファウンディングでの支援募集と動画での認知拡大

まず、LUCKが行なったのはクラウドファウンディングによる支援と資金調達でした。100万円の資金を集めることを目標に、募集ページの作成のほか、広報用の動画を作成。​「大人にとっての犯罪が、子どもの日常であってはならない」をコンセプトにしたムービーは、SNSを中心に注目を集め、多くのシェアやコメントを集めました。
結果、当初目標金額のおよそ2倍の179万円を超える支援を集めました。

本の制作活動

資金調達・サポーターを獲得し、プロジェクトはいよいよ具体的な制作段階に入ります。
大学生が自費出版していた『こども六法』は、文字だけが記載されていた薄い冊子でした。そこで冊子全体のクリエイティブの改訂を行い、より法律を分かりやすくするためのコピーと、ブックデザインを企画したところ、出版社より声がかかり、全国の書店に並ぶことになりました。

子ども六法デザイン例.png

上記は作成中のものです。

​実際の書籍とは異なる場合がございます。

kodomo.jpg

出版から全国への展開

大学生とLUCKが一丸となり、「全国の教室に一冊ずつ」を目標に、メディア展開等を実施しました。
2019年8月20日に全国の書店・インターネットでも発売し、日本初となる児童向けの法律書として、65万部発行のベストセラーとなりました。日テレ「世界一受けたい授業」「メレンゲの気持ち」「バケット」やBUSINESS INSIDER JAPANなど様々なメディアに取り上げられ、社会現象となりました。

IMG_8144.jpg
8.png
その他の制作実績
ブランド素材

キラリモンスター ちょっと変わった偉人伝
書籍『キラリモンスター ちょっと変わった偉人伝』はLUCK小川凜一、砂田智香による著書です。 小学生向けのキャリア教育本として制作されました。
ブランド素材

書籍『こども六法 練習帳』
『こども六法』の続編となる書籍の装幀・本文デザインを担当しました。 子ども向けにリーガルマインドの醸成や法教育を分かりやすく解説し、ワークブックとしても活用できる新しい書籍です。
ブランド素材

企画, プロデュース

はじまりのこえ 1095日のキセキ
『はじまりのこえ』とは、赤ちゃんが誕生した時の感動や感謝や愛おしさ、子育ての葛藤を感じるお母さんたちへ、写真とメッセージで「はじまりのこえ」を伝える書籍です。
ブランド素材

イベント運営サポート, Webサイト, 動画制作

20代へ語り継ぐ 「地下鉄サリン事件」
「地下鉄サリン事件から27年」のイベント運営サポートとWebサイト・動画制作を担当しました。 サリン事件の被害者が語り部となって、今もなお続くサリンの後遺症や、実際にサリン事件に遭遇した時の体験談を話す貴重なオンラインイベントとなりました。
ブランド素材

イベント運営サポート

鳥取県「フクシ×アートWEEK」 Webサイト SNS広報施策
「フクシ×アートWEEK」は、障がいと共に生きる人々のアートが、鳥取市中心市街地の商店街に飛び出していく取り組みです。
ブランド素材

動画制作, PR

書籍『新しい時代の共生のカタチ 地域の寄り合い所 また明日』
『新しい時代の共生のカタチ 地域の寄り合い所 また明日』とは、認知症に対応したデイホームと、乳幼児の保育所、さらに地域の寄り合い所の3事業を兼ねた1つの施設「また明日」を取材した書籍です。
bottom of page